花つくり-Daphne の日記

CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

自宅では




自宅ではモッコウバラバ、ティーローズ、ノワゼットが同時に咲いて居ます。こんなこと初めてです。気候の変動のせいと推察します。私自身も体調を崩していますが、生きものたちもたいへんです。野菜、植物の苗のナーセリーもこの春はみなさん、てんてこ舞いです。気候が読めないことで、自然相手のご商売はいっきに仕事のスケジュールが集中して右往左往しています。猫の手も借りたいてこう言うことかな。





ティーローズ





セリーヌ・フォレスティエ
この春と言うよりは、初夏です。

 




 

関東のバラ開花




庭のバラも開花です。いつもより、早い開花で忙しいです。



 

メリークリスマス




メリークリスマス!
雨、突風にも負けないで今年最後に摘んだソンブレイユ。花びら187枚から作られていて、毎年最後まで庭を飾ります。25年経過したバラの根元は、ヒビ割れて具合が象のお尻のよう。棘は鋭く、強く、花数が多い期待して良い性格のバラです。




 



庭を掃除をするとき、雑草の種が洋服に付かないように可なり気を付けて作業を始めます。結果、学習能力が途切れるとこの有様となります。毎年毎年よくもまぁ〜ハイネズミに仕上がって、鏡の前でビックリ!注意を怠らない日常をお過ごし下さい。みなさんにとって素敵なクリスマスでありますように。そして、新しい年が迎えられますように。
 

つぼみから二週目




先々週に摘んで、花瓶にさしたスーヴェニール・デュ・マルメゾン、自宅で咲いたバラは、硬いつぼみを摘んで飾っていても、朽ちることなく 花びらが散るまで現役です。

 

秋バラの冴え




秋のバラ 澄みきった色調の冴えは美しい。手も掛けてあげられないのに 庭のバラたちは、けなげです。ソンブレイユ、シンデレラ 、絆、それにEg等皆んな長く愉しませてくれます。




 

<< | 2/30PAGES | >>