花つくり-Daphne の日記

CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

庭のバラ




気温の上昇で庭のバラ達も可哀想です。西武ドームのバラ展も開催されていますが、この暑さでたいへんなことと思います。 こんな気候が毎年やって来るようだと、植物の選択考えなければ行けないかな〜ぁ。バラ、デルフィニューム、オリエンタルポピー、ジキタリス、その他大勢頑張って!











 

山から戻ると




昨日の夕方は紅色の富士山です。





自宅の庭では、雨にぬれた花達がお出迎えしてくれました。





敷石に替えた小径は、雨濡れた感じが明るくなって似合ってます。
シンデレラ、ホワイトジャック.カルティエは、香りも、スタイルも完璧です。










 

ヘビ



 

春の昼時、ペアの大きなヘビが日光浴していました。始めは2つの顔が見えていましたが、再度カメラを用意して構えたときには1つの顔だけキャッチです。元々この崖には大きなヘビが居た話は聞いていたので、ヘビの棲家も環境破壊でどうしたことかと思っていたら、こんな場所を利用していたなんて嬉しいかぎりです。トビ、カラスの餌にならないように考えて心地良い場合で生活していたなんて感激です。

 


東京の庭


強風の後はこんな物が落下しています。カラスのお宿です。学習能力を持ち合わせている鳥類は、次回同じ場所には巣を作りません。



庭では、トリクエトルム(ミツカドネギ)、オーニソガラムが静かにテリトリーを広げているようです。





 


1月の終わりに

 

1月18日の雪は、朝5:30の時点では雪も軽く片付けられたのに、7:00過ぎに雪が雨にかわり、雪が何倍もの重さになって雪かきが重労働となってしまいました。カラカラ状態から、植物は多少救われたかな。公園は静寂、カラスもどこへやら。





野川も家の前の風景と違って、ヒドリカモが見られました。ここは喜多見のあたりです。野川の小径を歩いてみると緑が多く散歩コースに最適。この貴重な自然をたいせつにしたいです。
近ごろわが家のハケの道沿いに、計画道路の話が湧き上がって来て、北から南に、東から西へと大きな道ができるような噂が。人口も減って、車を持たない時代にかわりつつあるのに、国は何を考えているのかと、疑問に思ってしまいます。





寒いときに楽しむおやつ「焼き芋」安納イモ、こんな日には、マキストーブが役に立ってくれます。





<< | 2/28PAGES | >>