花つくり-Daphne の日記

CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

速すぎの展開




山の庭シラネアオイ、ナルコユリ、イカリ草等が次々に開花です。こんなに速い動きの庭の様子は初体験です。困るー!一年にたった一度のイベントでしょう?地球で何が起きているのか。ロックガーデンには、かなりの資金を提供したのに。この寒冷地域では、一部のバラしか取り扱いできないのです。自宅のバラ気になります。帰ろ、帰ろ。







出遅れの訪問




早く訪れたかった、富士山北麓の庭。富士山はまだ真っ白な帽子を被っています。さくらの蕾は膨らんでいて、今日は夏日日和。早速、庭仕事開始です。











 

晩秋の仕事




10月の台風によって多くの松、白樺の、カラマツが倒木の写真を掲載しました。他人ごとでは無いと考えた末、二本の樹木の伐採を行いました。自分で伐採しようと思いマルノコ、チィエンソーを用意しましたが、ご近所の皆さんと相談して三家で一緒に行うこととなりました。そうすれば合理的で、価格・comですしね。
伐採のシーズンは、秋から冬にかけて行うものです。何故かって、春は白樺、ミズキ等は多くの水分を切り口から溢れ出して痛々しい状況となります。晩秋ではこんな状態です。それに、白樺のの切り口を見ておもい切って行って正解でした。カミキリムシが入って、散々な思いをしていたんです。いつ倒れてもおかしくなかったと納得。

 

 



もう一本のすフリーシアも、庭に訪れてくださる方は「綺麗なこのグリーンが素敵。切らないで。」と言われ7年間+10年ガマンしましたが、この樹木のスタイル、場所を選ばず繁殖する強権ぶりにお手上げ。特に外来種の植え込みには、勇気がいります。見切りを着けることもにも同じ勇気が必要となりますね。塩、酒を供え拝み納めました。

 



 

樹木のおろし




庭の樹木も20年も経てばゆっくりと成長する、アオダモ、シャラ等も枝おろしををしないと鬱蒼としています。下草、バラにも影響が有るので、このシーズンを選んで枝おろしです。ノコギリの目立てをして、チェーンソーにオイルを入れ、ハシゴを立ていざ参るぞ!
黄金アカシアの枝抜きは、少々不安定でハシゴから枝へ乗り移ることができないので、思ったほどの成果は出せず、残念!アオダモの枝ぬきは、目の前が開て明るく、東方の夜空も美しく観察できました。

10月14日(土)10:30〜12:00 『茨城県フラワーパーク』でセミナーを行います。
参加無料です。是非お出掛け下さい。








 

台風の爪痕




富士山裾野地域は台風で松、白樺、落葉松が折れ無残なことになっていると聞いて、ご近所を覗いてみれば、この頃の気象状況の異常を感じ取ることができます。此方のお宅は4,5年の新しいお宅で、大きな松が2本根こそぎ倒れていました。お家への被害はみうけられませんでした。其れだけでも良しとしないとね、倒木で、屋根、ベランダが壊れて居る場所も何ヶ所か有ります。其れも残酷なのは、自宅ででなく隣接する他所様のお宅の地所へ被害を及ぼしているのです。自然災害の残す爪痕は、恐ろしく残酷なのです。 自分の責任の範囲で管理を怠ると、大きな損害へと及んで行きます。 さあこれから、庭木の枝おろしをします。新しいチェーンソーにしたら、切れ味が素晴らしいのです。







 


<< | 2/35PAGES | >>