花つくり-Daphne の日記

CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

宝物だらけの清楚な庭




とあるお庭と表現しておきましょう。日本中から集まった、イカリ草、レイジン草、シダはシダでも(シラゲイワデンダ)タマノカンザシ宝物の宝庫でした。主は12才の時に、牧野富太郎先生から教えを受けた方でした。抜かれたタマノカンザシ、イカリ草はコンポストの中にぐったりです。欲しいとは言えない私は、名前と写真撮影で心に刻み込もうと必死です。生まれは、東京で今は長野県で植物を自由に育てておられます。素晴らしい方にお逢いすることができて、ひとっ走りの友に感謝です!帰りがけに、ドクダミ、スギナの駆除の仕方を奥様に伺い、大笑い。これは、ただ者でない燻し銀のような御夫妻でした。

 

帰りがけに、タマカンザシ、タマザキサクラソウ、シラゲイワデンダ等等をご馳走になりまして、トラックでひとっ走り峠を越えて帰宅。

 







 

雨の日には




大雨の日は、心落ち着く刃物研ぎを楽しみます。18才の頃から、使っているペテナイフ、牛刀は20年程かな、切り出しナイフも園芸で使うことが多いです。荒研ぎ、仕上げ研ぎを楽しみ、料理を作る。刃物の冴えが良いと、野菜をみじん切りにして、ついでに親指の爪が欠けてしまった。以前は夜中に研いでいましたが、この頃眼が見えにくくなって陽の光で刃物の先端から、中間のお腹辺りを太陽に透かして指先で押さえながらなどるとあんばいが良いかよく解るのです。

 


 

北軽井沢の庭




  北軽井沢のA邸 のお庭は、14年前から造り始め、火山石が多く植物が育たない事に気付き、2年程前から地面から石を積み上げ、バラや宿根草を植栽され、かなりの努力をされたて造られたお庭でした。

 

 











  そのお近くお庭に案内されました。なんと、素敵なツリーハウスが有って、私興奮気味。k邸のお庭では、クヌギの樹木を利用してのツリーハウスを作製。ご近所のお友達とのコミュニケーションを大切にされているようすが、入口のメッセージに込められていました。楽しい素敵な場所の提供をありがとうございました。
 

 


癌腫病のバラ




昨今、癌腫病のバラが多いと聞いています。今年、生長がおかしいと思い掘り上げて見たらご覧の通り。癌腫に侵された根は痛々しい限りです。

ある方のお話ですが、バラ苗を多く生産している業者から手に入れ、1年余りが経ち結果が病に侵され、生産者に連絡をしてみると 「癌腫は病気でない」が言い張ったとか。。。まさしくこれは病気です。台木を育てる段階で畑で菌に感染して、1年〜2年でバラは生長しなくなり、そして枯れ、残された土に癌腫菌が生存。

以前から癌腫病はチラホラ有りましたが、こんなに多くはありませんでした。生産者の努力で「台木の畑の連作障害を避ける」をして頂きたいです。私は、腫瘍を切り取りその部分に薬を付けテーピング、勿論、土は掘り起こし残土処理して、鉢植えにして戻しました。病は治りませんが、進行を遅らせ、その間に挿し木で再生。喜び一入!ですね〜。









 

バラ友のお庭



  仕事帰りお友達のお庭で充電して、またまた一杯イッパイ充電して季節労働者は明日に備えます。此方のバラは一重の黄色のモッコウバラです、咲くまでに7年以上時を過ぎこの姿になりました。








 

<< | 2/49PAGES | >>