花つくり-Daphne の日記

CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

山梨英和大学のバラ園の始まり





昨年の4月から始まりました、山梨英和大学メイプルカレッジの講座「バラを楽しむ庭づくり」お陰様で二年目とを迎えることができました。スタッフの方、受講生の熱心な方々がいらしたお陰です。ブログでご紹介する機会も無いまま失礼いたしました。

先ず、バラを植え込む前の準備作業が難しく、梃摺ること多々でした。河の埋立地?提供された場所の芝を剥がし、耕そうとしても 一筋縄では作業が進まず、スタッフも勿論私などは歯が立たず(奥歯の被せた鑵がずれる程)。川石、建築廃材がトラック山盛りゴロゴロと出てきました。大昔、笛吹川の一部だったようです。そんな場所に植え込まれたバラ達も驚いたことでしょうね。ところが然に非ず、今年春には早速に初めての開花を成し遂げてくれました。ノワゼット種などは、植え込んでから開花までに三、四年かかるのにどうしたのでしょうね。三十年もバラと向き合っていてもわから無いこと、それがバラの魅力なのかも知れません。

そう、学園の生徒さんも現場をご覧になって、「手づくりのプレートでも。」と腕を振るって制作してくださったのが、このネームプレートです。こんな気づかいが嬉しいですね。この場所に植栽されたバラを始め、他の植物も化学薬品に頼ら無いで庭を造るために選ばれた品種です。今の時代は、急いで完成度の高い庭を造ることもできますが。手堅く、着実に、監察しながら楽しみながら、造って行くお庭も良いものです。何故なら、バランスが悪くなったバラを抜くのには、植え込み作業以上のエネルギーを要すると云うこと、知っていれば無闇矢鱈な植栽を避けることができますよね。
現実、わが庭にも抜くに抜け無いバラが一つ在るんです。
 

 


下草




バラと、下草をいかに使って、庭を構成して行くか。何時もの課題です。並べないこと、点在させないこと、バラには、自己主張する品種を選ばないことなどです。英国の庭が好きなのは、その部分に大いに共感しているからです。周りの風景、家、庭が一体感を持ってして、造られいる。眼?、脳の中に焼き付いて、素晴らしい肥しとなっています。

 








 

ティーローズ




朝晩は寒い感じですが、日中は温度も上がり所々開花が見られます。

 

春ですね




バラの下草をどう選ぶか、色、形、高さ、大きさ、メンテナンス、何より存在感も重要なことですね。この白い花は植え込んで7〜8年になるかな、いゃ、もっとかな?トリクトラム「星の王子さま」の中にも出て来ます。星の名前だったと記憶しています。 小さな球根5個から此れだけに広がりました。小ぶりの花瓶にシラーシベリカのブルーと良く似合います。

 






オーニソガラムは困っさんで太陽の光が無いと、朝夕は顔を見せません。だからシャッターチャンスが難しい、強い光を浴びて撮影すると、野暮ったい写真になってしまう、素敵な写真を取り損なっています。こちらは、1個の球根から20年経過しています。開花時期が掴めない面白い性格を持ち合わせています。下草1個から始まる物もあれば、その反面1年間下草のために使う経費、それは恥ずかしくって語れませんね。今迄にダイヤモンド何カラット分を植え込んだのかと、反省です。












 

お堀の桜とホームレス




東京ボランティケアの方と、約束していたことがあって、飯田橋駅から神楽坂に向かう橋の上、気になるものが。「ビッグ イシュー」イギリスのホームレス支援団体が作ってホームレスに販売を委託していて雑誌です。





20年前からイギリスでは活動していました。東京での販売は、大阪よりもかなり遅れていましたが、今回の表紙が、20年前に放映された「トレインスポッティング」のスター達。あの頃より、燻し銀に磨い上げた不良オヤジは、こんな形でホームレス支援をしているんです。さすがイギリスのスター、やることがお洒落!ホームレスの方に、おすすめのバックナンバーを選んで頂き。暫くお話をして桜舞い散る道を、四ツ谷まで散策。イギリスの顔を見せないアーティスト、「bankey」の作品もおもしろい。自由な国のなせる技とお見受けします。


 

<< | 2/51PAGES | >>