花つくり-Daphne の日記

CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

実のなる物




もう4日間も雨が降ったり止んだりしています。庭の作業もできないので、さてと、テーブルクロス作るろ。ミシンも無いし、手縫いで布地の回り縁を縢ることにしたら、もうたいへん。直線にして11m程なので長くて、時間も掛かりました。風除室のテーブルを使っての作業は、外光が明るいので裸眼で針に糸を通しチクチク、コッコッ、ルンルンですが、手を休め外を見れば、全てボケボケで、蝶、蜂も二重に見えます。入り口のブドウの実は、時間を掛けて見れば、お〜ぉ、なんと美しいヒスイではないか。トマトもグリーンの実が、ヒスイ色に輝いています。実なる物を見る瞳は、ホーカスばっちりで良い物見せて頂きました。星も、月も恋しい今日この頃です。






 

中央道から山荘へ



三才山峠から松本へ移動、市内の渋滞で松本駅に出るのにかなりの時間を要しました。今日は、金曜日だったと気がつくのが遅すぎました。松本の実家に寄って仏壇に手を合わせ終え、中央道に乗って帰りは富士山へ。山の庭では、ポールズヒマラヤンムスク、ガリカ等の花、下草も満開でした。15時間程の滞在時間でしたが、野菜の成長も見られ、芍薬も咲いていて至福の時間となりました。昨年はシチリアの旅に出ていて、バラのシーズンは留守だったので今年も花を見られないと諦めていましたが、関越道で上田、峠越えで松本へ、中央道で富士山そして自宅へと戻りました。たくさんの花、人達に会って元気で動けることに感謝です。今週は仕事に励みますわ。






















 


伐採



何年か考え抜いたあげく、樹木を2本伐採したのでお客様から、「何か明るくなったみたいね。」と聞かれます。黄金アカシアはかなり存在感が有りましたが、案外と忘れられる物です。結果良かった。外来種の流行りもの危険なところ有りです。野菜畑も充実です。わが家のお助け工務店、堀内ご夫妻のお力を戴き出来上がった畑は、私の大切な夏から秋までの野菜供給源となります。何時もお世話になってばかりです。感謝申し上げます。






 

山の庭



自宅のバラを雨で散らすのも嫌なので、山まで運んで此方の下草と合わせて、花器に入れてみました。










寒い朝です。木陰でクマガイソウが咲いています。





アリュームは日向が似合います。





シレネ



 

速すぎの展開




山の庭シラネアオイ、ナルコユリ、イカリ草等が次々に開花です。こんなに速い動きの庭の様子は初体験です。困るー!一年にたった一度のイベントでしょう?地球で何が起きているのか。ロックガーデンには、かなりの資金を提供したのに。この寒冷地域では、一部のバラしか取り扱いできないのです。自宅のバラ気になります。帰ろ、帰ろ。







| 1/34PAGES | >>