花つくり-Daphne の日記

CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

樹木のおろし




庭の樹木も20年も経てばゆっくりと成長する、アオダモ、シャラ等も枝おろしををしないと鬱蒼としています。下草、バラにも影響が有るので、このシーズンを選んで枝おろしです。ノコギリの目立てをして、チェーンソーにオイルを入れ、ハシゴを立ていざ参るぞ!
黄金アカシアの枝抜きは、少々不安定でハシゴから枝へ乗り移ることができないので、思ったほどの成果は出せず、残念!アオダモの枝ぬきは、目の前が開て明るく、東方の夜空も美しく観察できました。

10月14日(土)10:30〜12:00 『茨城県フラワーパーク』でセミナーを行います。
参加無料です。是非お出掛け下さい。








 

台風の爪痕




富士山裾野地域は台風で松、白樺、落葉松が折れ無残なことになっていると聞いて、ご近所を覗いてみれば、この頃の気象状況の異常を感じ取ることができます。此方のお宅は4,5年の新しいお宅で、大きな松が2本根こそぎ倒れていました。お家への被害はみうけられませんでした。其れだけでも良しとしないとね、倒木で、屋根、ベランダが壊れて居る場所も何ヶ所か有ります。其れも残酷なのは、自宅ででなく隣接する他所様のお宅の地所へ被害を及ぼしているのです。自然災害の残す爪痕は、恐ろしく残酷なのです。 自分の責任の範囲で管理を怠ると、大きな損害へと及んで行きます。 さあこれから、庭木の枝おろしをします。新しいチェーンソーにしたら、切れ味が素晴らしいのです。







 


歳相応の範囲で楽しむ




1日半の剪定仕事でしたが、夕方には屋根の上がスッキリして、夕食の準備、台所の窓からこのシーズンの東の空の満月が見られました。その後の数日も左側が欠けていく綺麗な月を眺めて、剪定仕事を思い切り行って良かったと納得でした。





 


ランブラーの剪定




このシーズンは剪定の真っ只中です。ハサミ、ノコギリの切れ味をチェックして仕事に出かけます。本日は、ポールズ・ヒマラヤン・ムスク30年ものです年齢的にもガーデンシェッドの屋根に乗っての作業は、下を見たり、上を見たりかなり忙しいです。8時から正午前までは、降りない覚悟で作業をすりことにしています。新しいシュートは、7本ぐらいに纏めて来年の花付きを想像して、これを仕立てる。古い枝を目で追いながら、タカ切りバサミ、ノコギリを使って手の届く範囲で剪定します。このまま伸ばして行ったらクレーン車を頼むことになるので、自分の出来るだけ範囲で、無理しない歳相応のガーデニングです。




 
屋根の上で滑ら無いように、地下足袋、ガーデンバックはパンパンです。

 

 




 

留守の間に




8月最後週、ちょっと留守にして山へ戻ったら真赤に熟したトマトが、こんなに沢山収穫できました。 8月21日を境に連日ピーカンで、3種のトマト頂くことできました。



 


血管年齢のことが気になる歳頃です。 晩酌のあては、実のなる食材で一杯です。





 

 


| 1/33PAGES | >>